人に読まれる、人が集まる、そんなブログを目指して

wordpress、アメブロ、はてブロを行き来してきたハイブリッドライター

「無知の知」と「ムチムチ」って似てるよね

どうも、ボンドです。

 

無知の知とムチムチって音が似てるよなって思ったんで、

今回のブログを書いています笑

 

無知の知」と「ムチムチ」

 

ムチムチの人って、要するに太っている人だと思うんですが、

彼らに何が足りないかっていうと、

 

「俊敏性」ですよね。

 

まぁ他にも足りないところはたくさんあるんでしょうが

(自制心とか、自己管理能力とか、ストレスマネジメントとかね)

 

今回は「俊敏性」を取り上げます。

 

ようするに動きが遅いってことですよね

 

で、これが「無知の知」につながってくると思うんですよ。

無知の知」っていうのは、

 

「常に自分は何も知らないっていうことを知っておけ」

みたいな考え方です。

たしか、ソクラテスが提唱した考え方というか、スタンスですね。

 

これがない人は、

「自分はこの分野についてはなんでも知っている」とか、

「自分は全てのことにおいて新入社員よりも正しいことを知っている」とか、

「自分は大人だ、自分の知っていることは正しい、子供の戯言なんて無視、無視」とか

 

ようするに、「専門馬鹿」みたいな状態になってしまいます。

こういう人はムチムチの人と同じで。

「著しく俊敏性にかけます」

 

自分の中の

ゴリゴリの固定観念、古びけた常識、腐った価値観でものを見ようとするから

新しいことに懐疑的になり、創造的な考えに対して保守的になります。

 

結果的にどんどん新しいことを取り入れていく人たちに

追い抜かれ、置いていかれ、

 

昔は良かったとか、今のやつらは節操がないとか、昔を美化していく老人体質になってしまう。

 

無知の知はとても大切です。

ムチムチになったら少しまずいけど、

どんどん「無知の知」になっていきましょう。

 

そういう思いだけで、今回のブログを書き上げてみました。

あなたの気づきになれば幸いです。

 

それでは