人に読まれる、人が集まる、そんなブログを目指して

wordpress、アメブロ、はてブロを行き来してきたハイブリッドライター

究極の時間管理樹をする前に、一度この考え方を意識した方がいいよ(20分縛り:2日目)

こんにちは!ボンドです!

 

究極の時間管理術、先日こんな本を本屋で見かけました

amzn.to

 

時間管理っていうのは

 

ビジネスマン、学生、主婦、

どんな人たちにも大事なスキルだと思います。

 

でも、そもそも時間管理ってなんですか?

なんで時間を管理しなければいけないんですか?

 

「管理術」なるものに手を出すくらいだから、

自分だけの力では「管理」できないということなんでしょうか?

 

そもそも、時間は「管理」するものなんでしょうか?

 

(なんだかめんどくさくなってきたぞ笑)

 

話は変わって、最近勉強している哲学の中にこんな考えが出てきます。

「人生は短いのではない、当人が””短くしているのだ””」

 

ようするに、余計な雑事や、どうてもいいことに人生を費やしているから、

人生が短く感じるんだと、ちゃんと大事なことだけしていれば人生は実りあるものだと

感じて全うすることができるだろうという考えです。

 

 

それって、時間にも言えますよね?

だって人生とは、時間の積み重ねだから、

 

つまりですよ、

時間管理術に手を出している人たちに僕が言いたいのは、

 

「時間が無いんじゃない、当人が””無くしてるんだ””ということです」

 

金は必死で守るくせに時間は軽く捨てる

 

あなたの目の前に100万円があります。(何らかの形で自分のものになった金)

どうしますか?

 

懐にしまいますか?

速攻で銀行に預けますか?

まず周りに敵がいないことを確認しますか?

おがみますか?

ほおずりしますか?

一緒に寝ますか?

 

最後の方は変態のすることだけど(笑

とにかくものすごく大事に扱うと思うんです。

それこそ、自分の時間なんていくら費やしてもいいくらいに

銀行に預けたとしたら、なんども通帳を確認しますよね?

 

そもそも100万なんかなくても、

お金の管理はけっこうしっかりやってるんじゃないですか?

大切な時間をたっぷりと使って

 

では、時間の管理はやっているでしょうか?

やっていませんよね?

やっていないから時間管理術とかに引き寄せられるわけですが

 

別に時間管理術の本とかが胡散臭いとかではなくて、

当然のようにお金の管理はするくせに、

 

「時間の管理はなぜ、当然のようにできないんですか?」

こう言いたいんです。

 

1000円落とした、落とさないで騒ぐくせに、

 

なぜ、だらだらと何時間も過ごしているんですか?

そう言いたいんです。

 

時間は勝手に失われ、いつ消えるか分からない

 

僕、ミニマリスト的な「捨てる生き方を」しようと今頑張っています。

いらないものを捨てて、大事なものを得ようという考えです。

 

そして、大事ものの筆頭に

「時間」が来ます。

 

1日の時間は、全ての人類に同じだけ与えられています。

そして、それは勝手に減っていきます。

ぼ〜っとしてたら、いつのまにかなくってしまいます(そして1日が終わる)

 

これが「時間管理」を重要視しない原因かなと思うんですが、

ようは生まれた時から「時間が過ぎていく(減っていく」ことが当たり前で

それを意識しようと思っても、よく分からないんだと思います。

 

時間なんていくらでもあると思っているんです。

明日も””確実””に来ると思っているんです。

 

 

まぁ、明日は来るだろうけど、

ほとんどの人は「一年後」も確実に来ると思っている。

 

「いつ一年後も生きていられると錯覚した」

そういう言葉が飛んで来てもおかしくないくらい、当然のように考えている

 

時間は無限に価値が広がる

 

世界一の投資家、ウォーレンバフェットの一時間がどれくらいの価値があるか知っていますか?

なんと一億円を超えるそうです。

 

サラリーマンの生涯年収を二時間で軽く超えるんですね、彼は

では、彼はその一時間で何をするんでしょうか?

 

なんのこともありません

 

 

ランチです。

 

ウォーレンバフェットとランチする権利に一億円払う人がいるんです。

これは彼だからこそです。

「彼の時間」だからこそこれだけの価値があるんです。

 

1日の時間は全ての人類平等に与えられていると言いましたが、

その「密度」「質」「価値」は人によって大きく違います。

 

その辺のサラリーマンがランチ券を売ったってせいぜい一万円が限度、

美女が売っても、数十万が限界でしょう。

でもウォーレンバフェットは一億円なんです。

 

 

時間が来たので、強引にまとめると、

成功するため、お金持ちになるための唯一の方法は、

 

「自分の時間の価値を高める」ことです。

 

一ヶ月に一回しか回転しない店と同じ、その店は

 

「店の時間の価値を高めているんです」

 

時間の安売りをしてはいけません。

時間を代価になにかをするなら、全力で価値を得なければいけない

人の時間をもらうなら、価値を提供しなければいけない

(その価値は相手が決めるんだけど)

 

まぁ、そんなところです。

時間管理術に手を出す前にこの考えは持っておかなければいけない

それがこの記事のメッセージでした。