人に読まれる、人が集まる、そんなブログを目指して

wordpress、アメブロ、はてブロを行き来してきたハイブリッドライター

哲学をちょっとだけ身近に感じるための考え方

 

どうも、こんにちはくどうです。

 

今回はですね、

人生をよりよく生きたかったら『哲学』を学べばいいぞ〜これはいいぞ〜

ってことを書いていこうと思います。

 

 

最近はサンデル教授の影響で政治哲学にはまっているわけですが、

それこそ本を読みすぎて、頭痛と、目の疲れが尋常ではないわけですが、

そんな僕も、

高校の頃は『なんで哲学なんて学ぶ必要あんの?』って思ってました。

 

 

 

あんな複雑で、面倒で、頭が痛くなるくせに直接的に将来の仕事に結びつくわけじゃないのに、なぜわざわざ学ぶのか?

ずっと疑問でした。

 

まあ、学校で哲学を学ぶことを強制されたわけではないんですけど、

世界の著名な人たちが、口を揃えて『哲学を学ぶことは大事だ』と言っているののが、不思議でならなかったのです。

 

当時の僕の認識では、哲学っていうと『純粋理性批判』とかそういう

もう見ただけで拒絶反応が起こるような、得体の知れないものだったから。

 

あんなん高校生が読めるわけないじゃないですか(笑)

一ページどころか、一文でダウンしましたよ(爆)

 

 

ほとんどの人は、『哲学』というものに対して、

僕のかつての認識と同じ感じだと思います。

 

『哲学』とは、

頭の良い人たちがこねくり回している得体の知れないモノだ。

みたいなことですね。

 

まあ、一種の強烈なバイアスで拒否反応を示してるんだと思います。

 

真面目に取り組もうと思って、

難解な哲学書にチャレンジした人ほどそのバイアスは強いかもしれません。

だってあんなの読めるわけry

 

 

でもですね。哲学の魅力を知り、

哲学支持派にあっさりと寝返った←今の僕はこう思っています。

 

 

『哲学』というのは、最高の相談相手である。と、

 

 

こんだけじゃ、

『何を言ってるんだこやつは、気でも狂ったか』

と思われそうなんで、

そもそも、最初に哲学とは何かっていう話をしたいんですけど、

辞書的に言うと、哲学っていうのは

 

人生・世界、事物の根元のあり方、原理を、理性によって求めようとする学問

また、経験から作り上げた人生観。

 

となっています。

前半は、まさに堅苦しく感じるアレですね。例のアレ。

でも、後半を見てみるとどうでしょう?

 

 

『経験から作り上げた人生観』

 

 

おや?少しだけ哲学が身近に感じられる定義です。

この定義からすると、ある程度人生を生きて来た人たちは全員、

『その人なりの哲学』を持っていることになります。

 

これに沿って言うと、先輩とか、上司とか、親とかが言う、

『私たちの若い頃は・・・・』

っていうのも、一種の哲学な訳です。

 

つまり、哲学は

『誰もが持っているものであり。誰もが自分の哲学を基に生きている』

ということになります。

なります、というか僕はそう思っています。

こう考えると、哲学に対する拒否感が少しは弱まるかな〜〜と。

 

 

僕が、新しいことに挑戦する時って、

そのものを徹底的に簡略化します。難しく考えない。

難しく考えたら、やりたくなくなるから(笑)

 

哲学も、

人生・世界、事物の根元のあり方、原理を、理性によって求めようとする学問

として考えると抵抗があるけど、

経験から作り上げた人生観

として考えると、身近に感じて取り組みやすくなります。

 

 

さてさて、本題に戻ると、『なぜ哲学を学ぶのが良いのか?』って話なんですが、

 

哲学っていうのは、経験から作り上げた人生観という側面を持っていますから、

極端な話、アリストテレスの哲学書には、アリストテレスの人生観が詰まっていることになります。

あの、知の巨人と言われた、誰も超えられないと言われた思想家の人生観が

詰まっているのです。

 

いわば、最強の先輩(笑)の考えが、

哲学を学ぶことによって得られるのです。

 

 

何か悩んでいるときに僕たちは人に相談すると思いますが、

どういう人に相談したいかっていうと、

できるだけ知識と経験があり、

身のある意見を提供してくれる人が良いに決まっています。

 

誰だって、その辺のプー太郎よりも、成功した起業家にアドバイスをもらいたいはずです。

 

 

こと哲学者においては、異常なレベルでの疑問への掘り下げをしていますから、

僕たちが悩むであろうほとんどのことは、彼らによって考えつくされています。

それも、限りなく客観的で、論理的な観点からです。

 

哲学を学ぶっていうのは、そんな化け物哲学者にアドバイスをもらうこと

だと僕は考えているわけですが、

そう考えると、哲学っていうのはそこらのカウンセリングよりも遥かに価値があるのです。

(心に寄り添ってくれるかは別として、というか、ほどんどの場合は突き放されるww)

 

 

何か、人生に迷った時は誰かにアドバイスをもらう必要があります。

人生で大事な選択をする時にも同様です。

でも、そういう時に一体誰に相談したら良いのか?

身近な人か?公的機関か?テレビの相談メールにでも投稿すれば良いのか?

 

そう悩んだ時に、僕は哲学を学ぶことをオススメします。

それこそが、哲学の一番有意義な学び方だと思うからです。

 

 

過去の人の思想を分析するとか、そんなのは学者がやってくれます。

僕たちは、彼らの考えを知って、気付きを得て、

それを基に自分なりの哲学を形成していけば良いのです。

(哲学に触れていると、自分なりの哲学をイメージしやすくなります)

 

悩んだ時に最適な答えを出すために、

僕は『哲学』が大事だと思います。

 

そんな感じで、

人生をよりよく生きたかったら『哲学』を学べばいいぞ〜これはいいぞ〜

はこれにて終了します。

 

 

それでは、良い一日を!!